レシピ / Recipe

鶏ときのこと塩昆布の炊き込みごはん

昆布の旨味と鶏もも肉、きのこの相性がバッチリです!生姜が良いアクセントに!

鶏ときのこと塩昆布の炊き込みごはん

まだまだ暑い日が続きますが、立秋を過ぎ、暦の上では秋となりました。

日々の暑さを感じていると、まだ秋は先と感じますが、だんだんと秋の味覚もスーパーの店頭に並び始めました!秋の野菜と言えば、みなさんは何を思い浮かべるでしょうか?今回は年中店頭には並んでいますが、この時期が旬で秋の味覚の大定番とも言える『きのこ』を使用した炊き込みごはんをご紹介します!

味付けはなんと、塩昆布のみという、とってもシンプルな炊き込みごはんにしてみました!昆布のうまみがきちんと出て、想像以上に色味も濃くでるので、食欲もそそり、夏バテ気味な方にもピッタリです!

まだまだ厳しい暑さが続きそうですが、一足早く、炊き込みご飯で秋の味覚を楽しんでみてはいががでしょうか?

材料・分量

分量は4人分です(382kcal = 1人分)
材料 分量
鶏もも肉 200g
しめじ 150g
塩昆布 30g
生姜のすりおろし 10g
2合

作り方

  1. 鶏もも肉は1、2cmの角切りにする。しめじは根元を取り除き、ほぐす。
  2. 米を洗って炊飯器に入れ、水を2合のメモリより少し少なめのラインまで入れ、塩昆布を入れて軽く混ぜて、15分ほど浸水させる。
    (しめじから水分がでるので、気持ち少なめに水分を入れる)
  3. 生姜のすりおろし、鶏もも肉、しめじを入れて炊飯する。

前回のレシピへ次のレシピへ

イイダ版お料理歳時記