レシピ / Recipe

コーンチャーハン

コーンチャーハンを作る時の『10のルール』、みなさんは知っていましたか?

コーンチャーハン

8月に入り、暑さも本格的になってきましたね!一足先に秋の収穫が始まった北海道ですが、まだまだ食べ頃の『とうもろこし』を使った北海道の芽室町で人気のグルメをご紹介します!

みなさんは『コーンチャーハン』をご存知でしょうか?このレシピは、北海道の芽室町で人気のグルメです!芽室町は日本一のスイートコーンの生産地で、町の特産品を活かそうと生まれたのがコーンチャーハンです!実はコーンチャーハンには「10のルール」があります。例えば、「スイートコーンはバターしょうゆで味付けをし、全て後載せにする」、「卵は必ず2個使用し、出来上がりは黄色を意識する」、「器は白の丸皿とする」などの細かいルールがあります。これらの「10のルール」を守らないと販売ができないそうですが、今回は作りやすいように家庭用にアレンジしてみました!

お子様も大好きなコーンがたっぷりと載っかった、ありそうでなかったバターコーンのチャーハン!夏休みのお子様にもピッタリなランチメニューですので、是非チャレンジしてみてください!

材料・分量

分量は2人分です(803kcal = 1人分)
<コーンバター>
材料 分量
コーン缶 250g
バター 大さじ1
しょうゆ 小さじ2
<チャーハン>
材料 分量
たまねぎのみじん切り 1/4個分
ベーコン 6枚(60g)
たまご 4個
バター 大さじ2
ごはん 320g
しょうゆ 小さじ2
塩・こしょう 適宜
乾燥パセリ 適宜

作り方

  1. <コーンバター>は、フライパンにバターを溶かし、水気をきったコーン缶を炒め、仕上げにしょうゆを入れ、さっと炒めて一度取り出しておく。
  2. 玉ねぎはみじん切り、ベーコンは7、8mm幅に切っておく。
  3. <チャーハン>は、同じフライパンにバターを熱し、たまねぎのみじんぎりを炒め、続いてベーコンを炒め、火が通ってきたら、卵を溶いていれる。
  4. すぐにごはんをいれて、しょうゆ・塩・こしょうで味を整え器に盛る。
  5. チャーハンの上に、(1.) の<コーンバター>を乗せ、乾燥パセリをかける。

前回のレシピへ次のレシピへ

イイダ版お料理歳時記