レシピ / Recipe

じゃがいもとホタテの塩辛炒め

じゃがいもとバターの黄金の組み合わせに塩辛を合わせた、北海道での定番メニューです!

じゃがいもとホタテの塩辛炒め

暦の上ではもう秋となり、朝晩の風が少しは涼しくなってきましたね。スーパーでは秋の味覚が次々と売り場に登場し始めています。今回は、ひと足早く秋が訪れ、旬の美味しいものがたくさんある北海道の特産物を使ったお料理のご紹介です。

北海道の新じゃがは、まさに9月がピークです。周年供給できるくらい安定して多く収穫されます。ビタミンCが豊富で、「大地のりんご」と言われるほどです。また、ホタテも貝柱が大きくなるこの時期に多く水揚げされます。貧血予防に効果的なビタミンB12や葉酸、亜鉛など体に嬉しい栄養素が豊富に含まれています。この二つの旬のものに、塩辛をさっと合わせて炒め物にしてみました。意外な組み合わせのようですが、北海道では茹でたてのじゃがいもとバター、塩辛の組み合わせは定番なのだとか!ごはんのお供に、酒の肴にピッタリの一品です。塩辛はご使用のものによって塩分が異なるので、お好みで味を調整してくださいね。

材料・分量

分量は4人分です(214kcal = 1人分)
材料 分量
じゃがいも 5個(約500g)
ホタテ(刺身用生) 4個(約200g)
塩辛 50g
バター 20g
バター(仕上げ用) 10g
万能ねぎ 少々

作り方

  1. じゃがいもは皮を剥いて1cm幅の細切りにし、10分程水にさらしておく。
    ホタテは2cm角位の大きさに切り、塩胡椒で下味を付ける。
  2. フライパンにバター、じゃがいもを入れ、じゃがいもに火が通るまで弱火で炒める。
  3. ホタテ、仕上げ用のバターを加えてさっと火を通し、火を止めてから塩辛を加え、全体を回しあえる。
  4. 仕上げに万能ねぎの小口切りをちらす。

前回のレシピへ次のレシピへ

イイダ版お料理歳時記