レシピ / Recipe

鮭といくらの親子丼

今が旬の鮭といくらを使った親子丼!家族みんなで旬を召し上がってみてはいかがでしょうか?

鮭といくらの親子丼

9月に入りましたが、まだまだ残暑厳しい日々が続いていますね。しかし、スーパーの野菜売場、鮮魚売場のコーナーには秋の旬の食材が続々と並び始めています。その中で、鮮魚コーナーにおいて一際目を引き、大人気なものと言えば『鮭』、鮭というと一年中ある塩銀鮭のイメージもあり、ついつい旬を忘れてしまいがちですが、今が最も美味しくいただけます。そして、この時期の限定とも言える『生筋子』が並びますね。鮭の卵である生筋子から作る手作りのいくらは、北海道の家庭では秋の定番です。市販のいくらや瓶詰の醤油漬けとはまた違った味わいです。ちょっと、ハードルが高そうですが、やってみると案外簡単!ぬるま湯に入れた時に、色が白っぽくなってビックリするかもしれないですが、色はすぐに戻りますので大丈夫です。最近では、鮮魚コーナーでお願いすると、いくらにばらしてくれるところも多いです。

手作りの醤油漬けいくらと手作り鮭フレークで豪華な鮭の親子丼を!醤油をひと回しかけて、卵黄をくずし、混ぜて食べるともう最高です!是非とも家族やご友人に振舞ってみてはいかがでしょうか?

材料・分量

分量は4人分です(540kcal = 1人分)
材料 分量
生いくら 120g
醤油 大さじ1~2
小さじ2
みりん 小さじ1
塩銀鮭切り身 1切れ(約80g)
卵黄 4個
大葉 5枚
ご飯 ご飯茶碗4杯分

作り方

  1. 生いくらは醤油、酒、みりんで味付け、少し置いておく。
    (前日につける場合は醤油を少なく、すぐに食べる場合は醤油を多めに)
  2. 塩鮭は焼いて、皮を除いて、荒くほぐす。
  3. 大葉は千切りにする。
  4. 温かいご飯をどんぶりによそい、(1.) のいくらと (2.) のほぐした鮭を盛り付け、真ん中に卵黄、(3.) の大葉の千切りをのせる。
※お好みで醤油をかけて、召し上がってください。
いくらの醤油漬けの作り方

生すじこを塩水で洗い、ざるに入れて50度から60度のお湯にざるごと入れてざるを振ります。膜がはがれてきて、バラバラとほぐれて、いくらとなってきたら、再び塩水でよく洗い、水分をきって、清潔なビン等に入れて、醤油、酒、みりんを入れるといくら醤油漬けとなります。

前回のレシピへ次のレシピへ

イイダ版お料理歳時記