レシピ / Recipe

こんにゃくのピリ辛煮

冷めてもおいしいので、お弁当にもGOOD!

こんにゃくのピリ辛煮

節分といえば、豆まきや恵方巻。本来の意味は、“せち別れ”と言って、季節の変わり目のことです。立春、立夏、立秋、立冬が節分となります。つまり、年に4回あるとのことですが、現在では節分といえば、2月3日のイメージですね。

豆まきは全国的な習慣として、また恵方巻きは関西から始まりましたが、最近では関東でもおなじみです。地方ごとにいろいろな習慣があるようですが、四国ではこんにゃくを食べる風習があります。こんにゃくは、食物繊維豊富なヘルシー食品で、胃腸をきれいにする働きがあるので、昔の人は「胃のほうき」「砂おろし」と言って、体をきれいにして、季節の変わり目に体調を崩さないように、と願ってこんにゃくを食べる習慣がありました。そういえば、おせち料理のお煮しめにも、必ず入っていますね。

邪気を払って福を招く節分、ぜひ、ご家族でお楽しみください。

材料・分量

分量は4人分です(50kcal = 1人分)
材料 分量
こんにゃく 1枚(約250g)
少々
唐辛子 1本
ごま油 大さじ1
醤油 大さじ1~2
みりん 大さじ1
だし汁 大さじ2

作り方

  1. こんにゃくは厚みを半分にして、格子状に切れ目を入れて、食べやすい大きさの三角形に切る。
  2. 塩を少々入れた熱湯で、(1.) のこんにゃくを下茹でする。
  3. 唐辛子は戻し、種を取り除いて、小口切りにする。
  4. 鍋にごま油を入れて、こんにゃくをよく炒め、(3.) の唐辛子、醤油、みりん、だし汁を入れて、汁気がなくなるまで煮る。

前回のレシピへ次のレシピへ

イイダ版お料理歳時記