レシピ / Recipe

チキンのタジン鍋

スパイスは、レシピ通りでなくても大丈夫です!

チキンのタジン鍋

最近は結構ポピュラーになってきた「タジン」とは、とんがり帽子のふた付き土鍋の事。モロッコのお鍋で、主に鶏肉やラム肉等を野菜と一緒に煮込み、ハーブやレーズン等のドライフルーツを入れて味付けます。本場モロッコでは、各家庭に様々なタジン鍋があり、クスクスと一緒にいただきます。

タジン鍋は少しの水分で、長時間煮込める構造になっています。食材のうまみを逃がさずふっくらとした仕上がり。土鍋ならではの遠赤外線効果で、素材の味をいかしながら、美味しく調理してくれます。お鍋で炒めて、弱火で煮込んで、その上、そのまま食卓に出せるところがとても便利ですね。

そろそろ、温かいものが恋しくなる季節。タジン鍋も、特にこの季節スーパー等で手軽な価格で、いろいろな種類がみられます。煮込むときにはぐっと弱火にすると吹きこぼれません。もちろん、タジン鍋がなくてもふた付きのお鍋があれば同じように作れます。その時はちょっと水分を足した方が失敗がありませんよ。

材料・分量

分量は2人分です(490kcal = 1人分)
材料 分量
鶏もも肉(一口大) 300g
塩、こしょう 少々
オリーブ油 大さじ1
玉ねぎ 半個(約100g)
ひよこ豆(戻したもの) 50g
にんにく 1片
白ワイン 大さじ3
シナモン 少々
ターメリック 少々
クミン 少々
プルーン(種抜き) 10個

作り方

  1. 鶏肉に塩、こしょうする。
  2. にんにく、玉ねぎはスライスする。
  3. タジン鍋に、にんにくを入れて、弱火で炒め、色づいたら玉ねぎを入れて炒め、しんなりしたら、鶏肉を入れて色づくまで炒める。
  4. ひよこ豆を入れて、シナモン、ターメリック、クミンをふって、白ワインを入れ、蓋をして弱火にして15分煮込む。プルーンを入れて5分煮込んだら出来上がり。

前回のレシピへ次のレシピへ

イイダ版お料理歳時記