レシピ / Recipe

鶏レバーの香味煮

しっかりと火を通しましょう!この、歯ごたえがたまりません。

鶏レバーの香味煮

レバーというとなかなか家庭料理のメニューとしてはどうしても敬遠されがちの素材。でも、ご存知。レバーには、鉄分、ビタミン等栄養分がぎっしりです。

内臓肉初心者にはまずは鶏の内臓肉で。今回はレバー(内臓)、砂肝(胃袋)、ハツ(心臓)の3種を混ぜて作りました。お子様やあまり得意でない方のためには少々細かく切った方が食べやすいかもしれません。逆に、内臓肉が大好きな方は大きめに!レバーの柔らかさに砂肝やハツの歯ごたえが加わることで、食感がグンと良くなります。今の時期、カラーピーマンが豊富に出回っているので、たっぷりと入れました。レバーとピーマン、香りの強いもの同士を合わせることによって、お互いがうまくかみ合い、苦手な方も食べやすくなっています。焼き鳥でおなじみの素材、家庭で作ってみませんか?

材料・分量

分量は4人分です(153kcal = 1人分)
材料 分量
鶏肝(レバー、砂肝、ハツ等) 200g(脂分、血合い等を取り除いた正味)
生姜 大1片
にんにく 大1片
ピーマン 2個
ごま油 大さじ1.5
大さじ2
だしの素 少々
砂糖 大さじ1
醤油 大さじ2
大さじ2

作り方

  1. 鶏肝は血合い、脂等取り除き、水につけて血抜きをして、ペーパータオル等で、水分を拭いて、食べやすい大きさに切る。
  2. ここで、レバーの臭みが気になるようだったら、塩少々加えた熱湯でさっと茹でる。
  3. にんにく、しょうが、ピーマンはみじん切りにする。
  4. 鍋にごま油を熱し、(3.) のにんにく、しょうがを弱火で炒め、香りが出てきたら、(1.) の鶏肝を加えて炒める。
  5. 水、だしの素、砂糖、醤油、酒を加え、汁気を飛ばすようにして煮る。
    最後に (3.) でみじん切りにしたピーマンを加え、出来上がり。

前回のレシピへ次のレシピへ

イイダ版お料理歳時記