レシピ / Recipe

うなぎとゴーヤの和え物

ガラスの器に入れて冷すと、見た目も涼しげ。

うなぎとゴーヤの和え物

暑い夏の土用の丑の日、風物詩である“うなぎ”、そして、「緑のカーテン」でますますおなじみになったゴーヤを使った、夏らしいあえ物をご紹介致します。うなぎは、高タンパクで、ビタミンAをはじめB1、B2、Eなどビタミンも豊富。そして、「不飽和脂肪酸」というコレステロールを押さえてくれる脂肪成分も入っているので、思ったよりもカロリーも控えめ。そこにゴーヤのビタミンCが加わるのでさらにビタミンを補ってくれます。そして、女性にはうれしい老化防止や美肌作りにも効果的。

ゴーヤの苦みは、下ごしらえの時に半分にして、スプーンで種と白いワタをこそげ取って、塩もみすれば、弱まります。暑い日に火を使わず、簡単に和えるだけなので、あと1品、何か欲しいなと思った時にパワーいっぱいの副菜です。

材料・分量

分量は4人分です(146kcal = 1人分)
材料 分量
うなぎ 180g(うなぎ蒲焼 中2串分程度)
ゴーヤ 1本(170g程度)
しょうが 2片
みょうが 1個
うなぎのタレ 2パック
小さじ2
少々

作り方

  1. ゴーヤは縦半分に切り、種をスプーンなどでこそげとり薄くスライスする。ボール入れ塩をふり、よくもみ込み、5分くらい置く。
  2. しょうがの皮をむき千切りにする。みょうがは縦半分に切りナナメにスライスし千切りにする。
  3. うなぎは、1.5cm幅に切りお酒をふりかけラップをして、電子レンジで1分~1分30秒加熱する。
  4. ゴーヤの水気をよくしぼり、うなぎ、しょうがと合わせうなぎのタレを入れ全体をよく混ぜる。冷蔵庫でよく冷やす。
  5. お皿に盛り、みょうがをのせる。

前回のレシピへ次のレシピへ

イイダ版お料理歳時記