レシピ / Recipe

ふきのとうの天ぷら

お子様にはわかるかな?ちょっと大人の味ですね。

ふきのとうの天ぷら

お彼岸も近づき、いよいよ本格的な春到来。タラの芽やふきのとうを見かけると、暖かくないそうな予感!雪の中で、しっかり強く育って、ここまで来たのかな?と思い、生命力の強さ、そして、これを食べれば元気になりそうな気がします。

「春の料理には苦味を盛れ」という言葉があるのをご存知ですか?春の山菜には苦いものが多く、その苦味を積極的に取り入れて、味のアクセントとして、料理の味を引き立てるというわけです。この苦味の代表的なものがフキノトウ、いろいろな食べ方がありますが、最も簡単で定番なのが天ぷらです。あく抜きの必要がなく、薄めの衣で、高温でカラッと揚げます。天つゆよりも、山椒塩等で食べた方が苦味にマッチします。ふきのとうを口にほおばると、まさしく、春の実感です!

材料・分量

分量は4人分です(384kcal = 1人分)
材料 分量
ふきのとう 8個
天ぷら粉 80g
揚げ油 適量
山椒 小さじ1
小さじ1

作り方

  1. ふきのとうはよく洗って、外側の葉っぱを丁寧に開く。
  2. 天ぷら粉は指示に従って、混ぜ合わせる。
  3. 山椒と塩を合わせ、山椒塩を作る。
  4. 揚げ油を熱し、ふきのとうを天ぷら粉をつけて、からりとあげる。
  5. 山椒塩を振って、いただきます。

前回のレシピへ次のレシピへ

イイダ版お料理歳時記