レシピ / Recipe

鮭のちゃんちゃん焼き

味が濃くなりすぎないように、味付けに注意してくださいね。

鮭のちゃんちゃん焼き

9月に入り、猛暑の8月に比べだいぶ朝・晩は涼しくなりましたが、まだまだ残暑厳しい、9月。北海道もかなりの暑さみたいですね。

今回は北海道の郷土料理。“ちゃんちゃん”とはお父さんのこと。漁師のお父さんが作ってくれたことから、その名前がついたようです。地元北海道では、アウトドアでのバーべキューでの定番メニューです。また、鮭があがってきたこの時期、ホットプレートで、調理する家庭も多いようです。生鮭ならではの鉄板焼き、半身を豪快に調理するのもいいかもしれませんね!野菜をたっぷり入れて、味噌味で鮭も野菜も美味しくいただけます。これから、秋に向かって、きのこ類も美味しくいただけますね。

味噌とバターの組み合わせが、北海道ならでは!

使用するお味噌によって、味の微調整を …。

材料・分量

分量は4人分です(分量294kcal = 1人分)
材料 分量
生鮭 4切れ
少々
大さじ1
キャベツ 4枚
玉葱 半個
ピーマン 2個
人参 1/3本(約60g)
もやし 1袋
大さじ2
バター 大さじ2
<味噌ダレ> 味噌 大さじ3、酒 大さじ3、砂糖 大さじ2、にんにくのすりおろし 1片分

作り方

  1. 鮭は塩と酒をふっておく。
  2. キャベツはざく切り、玉葱はスライス、ピーマン、人参は太目の千切りにする。
  3. <味噌ダレ>の材料を合わせておく。
  4. フライパンまたはホットプレートに油を熱し、生鮭を入れて、こげめが付いたら、取り出し、そこにキャベツ、玉葱、ピーマン、人参、もやしを入れ、その上に鮭をのせて、<味噌ダレ>をまんべんなくかけて、蓋があればふたをして、蒸し焼きにする。
  5. 鮭、野菜に火が通ったら、軽くかき混ぜて、<味噌ダレ>が、全体にいきわたるようにし、最後にバターをのせて出来上がり。

前回のレシピへ次のレシピへ

イイダ版お料理歳時記