レシピ / Recipe

ガスパチョ

具沢山にしたら、食べるスープに!おかわりしたくなります。

ガスパチョ

スペインの南西部、アンダルシア地方の代表的なスープ「Gazpacho」。

野菜ジュースのようなこのスープ、口にした瞬間食欲がわいてきて、元気が出てきそうなスープです。火はまったく使いませんが、ミキサーかフードプロセッサーが必要です。日本でのお味噌汁のように、スペインではどこの家庭でもこのスープを作り、それぞれ家庭の味があります。ミキサーが売り出されたとき、一番売れ行きが良かったのがスペインだったとか、それだけスペインでは日々作られています。

暑い日が続いて、食欲が落ちたとき、少し濃い目のスープにして、きゅうり等野菜のうきみをたっぷり加えて、飲むというより、食べる感じにしてはいかがですか?使用するトマトによって、かなり濃度が異なります。お好みで調整してください。

材料・分量

分量は4人分です(分量130kcal = 1人分)
材料 分量
トマト 大1個(約250g)
きゅうり 1本
赤ピーマン 25g
玉葱 1/4個
セロリ 1/4本
にんにく 1/2片
レモン汁 1/2個分
オリーブ油 大さじ2
プレーンヨーグルト 大さじ2
小さじ1/2
こしょう 少々
パプリカ 少々
タバスコ 数滴
適量

作り方

  1. トマトは皮をむいて、種をのぞいてざく切りにする。
  2. きゅうりの1/4、セロリを少々、トッピング用として、残しておく。
  3. 残りのきゅうり、セロリ、赤ピーマン、玉葱、にんにくはあらみじん切りにして、(1.) のトマト、レモン汁、ヨーグルト、塩、こしょうとともにミキサーまたはフードプロセッサーに入れて、撹拌する。
  4. スープ状になったら、味、濃度をみて、水、タバスコを加える。
  5. ミキサーから、保存用器等に移し、冷蔵庫でよく冷やす。
  6. (2.) でトッピング用にとっておいたきゅうりとセロリをクルトンのように切って、器に盛って、添えて出来上がり。

前回のレシピへ次のレシピへ

イイダ版お料理歳時記