レシピ / Recipe

ゴーヤのおひたし

独特の苦味がクセになる。この時期作って欲しい一品です。

ゴーヤのおひたし

ジリジリと照りつける太陽の下、深い緑色のとってもユニークな存在感がある、イボイボ姿の野菜“ゴーヤ”君!沖縄発の個性的な野菜はすっかりおなじみの野菜となりました。現在では、関東や東北地方でも栽培が広がり、ほぼ一年中、手に入りますが、やはり旬の今、口にしたいものです。独特の苦味と渋味はお子様にはちょっと敬遠されがちですが、縦二つ割にして、スプーン等で丁寧に中綿をこそぎとって、塩でもんでみましょう。その後、さっと茹でると苦味もだいぶ緩和されます。苦味成分のモモルデシンは食欲増進を発揮し、夏バテ予防に最適!おまけに美肌効果に欠かせないビタミンCがレモンの3倍!このビタミンC成分が熱を加えてもへこたれないのがゴーヤの特徴です。発汗作用のあるゴーヤを使った「おひたし」は、ひと汗かいた時、ビールにぴったりのおつまみです!

材料・分量

分量は4人分です(分量17kcal = 1人分)
材料 分量
ゴーヤ 1本
少々
かつおぶし 1袋
醤油 適量
ラー油 適量

作り方

  1. ゴーヤは縦半分に切って、スプーン等で種とワタの部分をよく取り除き、薄切りにして、塩しておいておく。
  2. (1.) のゴーヤから、水が出てきたら、熱湯でさっと茹でる。
  3. よく水気をきって、醤油とラー油をかけてあえ、かつおぶしをかけたら、出来上がり。

前回のレシピへ次のレシピへ

イイダ版お料理歳時記