レシピ / Recipe

うなぎのそうめんサラダ

土用の丑の日にお昼にいかがですか?

うなぎのそうめんサラダ

梅雨明けとともにうだるような暑さ、そして19日は土用丑の日です。

土用丑の日といえば、夏の風物詩、なんといっても「うなぎ」です。たんぱく質とビタミンがたっぷりのうなぎは、夏バテ防止のスタミナ補強には欠かせない食材です。うな丼もおいしいですが、今回は暑い時期にさっぱりとうなぎをいただきたい方におススメの涼しげな麺。

真夏に定番のそうめん、手軽な夏休みの昼食メニューですが、そうめんプラス何かという時に意外と何にするか悩んでしませんか?そうめん一品ですむように、うなぎをのせて、野菜をプラスして、冷やし中華のように作ってみました。これでさらさらのそうめんも栄養満点!色どりもあざやかです。子供たちが夏休みになると、毎日の昼ごはんのメニューに悩まされ、給食のありがたさが身にしみます。夏休みのランチメニューに加えていただきたい一品です。

材料・分量

分量は4人分です(分量234kcal = 1人分)
材料 分量
うなぎの蒲焼 1串
そうめん 80g
2個
少々
小さじ2
人参 20g
レタス 2枚
<ドレッシング> スープ 1C(中華味の素 小1を熱湯1カップでとく)、酢 大さじ3、醤油 大さじ2、砂糖 小さじ2、サラダ油 大さじ1

作り方

  1. 卵をときほぐして塩を少々加え、フライパンに油を熱し、薄焼き卵を作る。
  2. <ドレッシング>を作っておく。
  3. そうめんを茹でておく。
  4. レタス、人参は千切りにする。
  5. (1.) の薄焼き卵も千切り、うなぎも串からはずして、他の材料にあわせて千切りにする。
  6. 器にそうめんを盛り、(4.) 、(5.) の材料を彩りよく盛り付け、<ドレッシング>をかけていただきます。
※飾りに木の芽を添えました。

前回のレシピへ次のレシピへ

イイダ版お料理歳時記