レシピ / Recipe

ひし型三色寿司

具材に決まりはありません。色々試してみましょう!

ひし型三色寿司

3月3日は女の子の健やかな成長と幸せを願う「ひな祭り」です。雛人形や桃の花を飾り、白酒、菱餅、あられをお供えします。ちらし寿司そのものにひな祭りのいわれがあるわけではありませんが、華やかな春らしい彩りのちらし寿司はひな祭りの定番メニューです。

今回は、お寿司で菱餅作っちゃおう!と言うことで、三色のお寿司をひし形に重ねて、菱餅をイメージしてみました。

赤(桃色)は魔よけ、白は子孫繁栄、長寿、純潔を願う。緑は厄除け、健やかな成長を願う。と、ひな祭りカラーにもそれぞれ願いがこめられています。これに黄色の菜の花などが加われば、より素敵なひな祭りの演出になること間違い無し!鮭、シラス、大葉などを使用しましたが、たらこやデンブやカニ、野沢菜のみじん切りなど、冷蔵庫にあるものを3色組み合わせて、作ってみてもOKです。意外な美味しさの組合せを発見できるかも …。

材料・分量

分量は4人分です(分量304kcal = 1人分)
材料 分量
2合
<寿司酢> 酢 大さじ3、砂糖 大さじ2、塩 小さじ1
シラス干し 20g~30g
大葉 5枚~10枚
鮭フレーク 35g
いくら 少々
牛乳パック 1本分

作り方

  1. 米は、普段炊くときよりも1割少ない水分で炊く。
  2. <寿司酢>をあわせておく。
  3. 炊きあがったら、蒸らして、熱いうちに飯台にあけ、<寿司酢>をかけ、うちわであおぎながら、<寿司酢>が全体にいきわたるように混ぜていく。
  4. 大葉は細かい千切りにする。
  5. 牛乳パックを切って、作りたい大きさのひし形の型を作る。
  6. (3.) の寿司飯を3等分に分ける。
  7. 3種の寿司飯を作る。白の寿司飯はシラス干しを混ぜ、緑は (4.) の大葉、ピンクは鮭フレークと3種の寿司飯を用意する。
  8. (5.) のひし形のわくに緑の寿司飯を入れて均等に詰める。平らにして、押しながら、その上に白の寿司飯、一番上に鮭の寿司飯、厚みを均等にするのがコツ。
  9. わくから、はずして盛り付け、上にいくらをのせてできあがり。
※飾りに菜の花を茹でたものを添えました。

前回のレシピへ次のレシピへ

イイダ版お料理歳時記