レシピ / Recipe

うどとほたるいかの酢味噌あえ

この時期に作らないなんて、もったいない!

うどとほたるいかの酢味噌あえ

独特の歯ごたえと香り …。からし酢味噌でピリリと味を引き締めて、春の香りとお酒の肴にピッタリの一品。

風もないのに自分から動いているように見えるという事から、うごく(動く)がなまって“ウド”とついたとか …。野菜の中で数少ない日本原産の野菜です。

「うど」を大きく二分すると「春うど」と「山うど」があります。

春うどは、珍しく東京特産の野菜で、三鷹市、立川市で多く生産されています。春うどは白っぽく、柔らかいのが特徴です。山うどは、芽に緑色をつけ、強い香りをもっています。あくも強いため、皮を厚くむいて、酢水にさらします。

むいたうどの皮を千切りにし、きんぴらにしても食べられます。これがまた、ご飯のおかずにピッタリで、思わずおもいっきり厚めに皮をむいてしまいます。1本のうどで、2つのおかず完成!なんて、うれしい野菜でしょう。

材料・分量

分量は4人分です(78kcal = 1人分)
材料 分量
うど 1/2本(200g)
ほたるいか 1/2パック(100g)
わかめ(戻したもの) 100g
ラディシュ 3個(30g)
<酢味噌> 白味噌 50g、砂糖 大さじ1、酢 大さじ2、辛子 小さじ1

作り方

  1. うどは厚めに皮をむき、短冊に切って、酢水にさらす。
  2. ラデッシュは薄切りにして、塩少々ふっておく。
  3. わかめは食べやすいように、2cmぐらいに切っておく。
  4. <酢味噌>の材料の辛子を除き、鍋にあわせてよく混ぜ合わせ、火にかけて練り上げていく。火からおろしたら、からしを加え、さらに混ぜ、<酢味噌>を仕上げる。
  5. うどの水気を切り、わかめ、ほたるいかと (4.) の味噌をからめながら、仕上げる。
  6. ラデッシュで飾り、(5.) を盛り付ける。

前回のレシピへ次のレシピへ

イイダ版お料理歳時記