レシピ / Recipe

かぼちゃの冷製スープ

新学期に向けて、まずは朝食から。

かぼちゃの冷製スープ

いよいよ8月も終わり。お子様のいらっしゃるご家庭では、新学期が始まり、生活のリズムを整えたいところ。まずは、朝食をきちんと食べることから始めてみましょう。まだまだ暑くて食欲がない朝でも、こんな甘くて冷たいスープなら、のどごしもよく、身体を目覚めさせてくれるはず。かぼちゃは薄く切ると、短時間で火が通ります。それに牛乳を加えてミキサーにかけるだけの簡単スープですから、作るのもとても楽な一品です。

かぼちゃは冬至に食べるという風習から冬の野菜と思われがちですが、実は夏が旬。疲労回復に欠かせないカロテンやビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB2を多く含んでいます。汗をかくこの時期、失われるこれらの栄養素を補って元気に頑張れるスタミナを!もちろん大人にとっても、夏バテ解消にお薦めのスープです。

材料・分量

分量は4人分です(186kcal = 1人分)
材料 分量
かぼちゃ 1/4(約350g)
1cup
砂糖 小さじ2
牛乳 3cup
シナモン 少々

作り方

  1. かぼちゃは種をとって薄く切り、ひたひたの水を加えて、火が通るまで煮る。
  2. かぼちゃの甘みを確認しながら、火を止める前に好みで砂糖を加え、冷ます。
  3. (2.) に冷たい牛乳を加えてミキサーにかければでき上がり。仕上げにシナモンをふって。

前回のレシピへ次のレシピへ

イイダ版お料理歳時記